雪のアルバム

  1. 向上したいという思いと、どこまでも堕ちてやれという思いが、