自分

  1. 虚無とは、自己を喪失させ、亡びに導く一つの力であると言える。

  2. そうですよ。人間って いやなものですよ。

  3. 人間は自分と同じことをする人でなければ、好きになれないようにできている。

  4. 人間なんて、自分自身の体の中さえわからないのに、何もかもわかったようなつもりでいる。

  5. 人はいつ、どこで、自分の生活を断ちきられても、 その断面は美しいものでありたい。

  6. 心の深い所で