生き方

  1. どんなに忙しくても、 一日に十分の時間を 誰かのために

  2. 人間が誤りやすいものであると自覚することは 人生にとって非常に大切であると思う。

  3. 人はみな、逆に映った鏡の顔を、真実な顔だと信じて生きている。

  4. 毎日の、何でもないようなことでも、怠けないようにするって、大事だよ。

  5. 苦難に会った時に、それを災難と思って歎くか、試練だと思って奮い立つか、

  6. 人はいつ、どこで、自分の生活を断ちきられても、 その断面は美しいものでありたい。

  7. 傷は 一生懸命に、 真実に生きたことの しるしだ。

  8. わたしたちは 与えられている 時間も、才能も、財も、 私物化してしまっては ならない。

  9. 真心は届く

  10. 光があたるか あたらないか