生きる

  1. 虚無とは、自己を喪失させ、亡びに導く一つの力であると言える。

  2. 人はみな、逆に映った鏡の顔を、真実な顔だと信じて生きている。

  3. 苦難に会った時に、それを災難と思って歎くか、試練だと思って奮い立つか、

  4. 孤独の影が深い人こそ、人生を深く生きているといえることもあるのです。

  5. わたしは夢がかなうかどうかというよりも、 夢を持ちつつ生きる ことが尊いと思うわ。

  6. 傷は 一生懸命に、 真実に生きたことの しるしだ。

  7. 「一寸先は光」という言葉もあるんです。

  8. 平和とは、 あらゆるものを 生かすことであり、

  9. ほうたいを巻いて やれないのなら、 他人の傷に ふれてはならない。

  10. 私が聖書に出会ったことは、即ち神の子イエスに出会ったことでもあった。