1. 孤独の影が深い人こそ、人生を深く生きているといえることもあるのです。