1. 傷は 一生懸命に、 真実に生きたことの しるしだ。

  2. ほうたいを巻いて やれないのなら、 他人の傷に ふれてはならない。