1. 人間なんて、自分自身の体の中さえわからないのに、何もかもわかったようなつもりでいる。