人生

  1. 人間が誤りやすいものであると自覚することは 人生にとって非常に大切であると思う。

  2. 人生はある意味で、 反対されることの 連続です。

  3. 苦難に会った時に、それを災難と思って歎くか、試練だと思って奮い立つか、

  4. 人はいつ、どこで、自分の生活を断ちきられても、 その断面は美しいものでありたい。

  5. 朝起きた瞬間、わたしたちは、人生の教科書がまた一枚めくられたと思えばよい。

  6. 終わったと思う時点から、始まるということが 人生にはある。

  7. 感謝して人に捧げつづけることは、更に大きな愛であろう。

  8. 孤独の影が深い人こそ、人生を深く生きているといえることもあるのです。

  9. 傷は 一生懸命に、 真実に生きたことの しるしだ。

  10. 「一寸先は光」という言葉もあるんです。