朝起きた瞬間、わたしたちは、人生の教科書がまた一枚めくられたと思えばよい。

朝起きた瞬間、わたしたちは、人生の教科書がまた一枚めくられたと思えばよい。

三浦綾子『孤独のとなり』より