孤独の影が深い人こそ、人生を深く生きているといえることもあるのです。

孤独の影が深い人こそ、人生を深く生きているといえることもあるのです。

三浦綾子『新しき鍵』より