向上したいという思いと、どこまでも堕ちてやれという思いが、

向上したいという思いと、どこまでも堕ちてやれという思いが、実に自然に同居するものなのですね。

三浦綾子『雪のアルバム』より