傷は 一生懸命に、 真実に生きたことの しるしだ。

傷は
一生懸命に、
真実に生きたことの
しるしだ。

三浦綾子『太陽はいつも雲の上に』より