人間なんて、自分自身の体の中さえわからないのに、何もかもわかったようなつもりでいる。

人間なんて、自分自身の体の中さえわからないのに、何もかもわかったようなつもりでいる。

三浦綾子『道ありき』より