人はみな、逆に映った鏡の顔を、真実な顔だと信じて生きている。

人はみな、逆に映った鏡の顔を、真実な顔だと信じて生きている。

三浦綾子『裁きの家』より