人はいつ、どこで、自分の生活を断ちきられても、 その断面は美しいものでありたい。

人はいつ、どこで、自分の生活を断ちきられても、
その断面は美しいものでありたい。

三浦綾子『ひつじが丘』より