一生を終えてのちに残るのは

一生を終えてのちに残るのは、
われわれが
集めたものではなくて、
われわれが与えたものである。

三浦綾子『続氷点』より