ほうたいを巻いて やれないのなら、 他人の傷に ふれてはならない。

ほうたいを巻いて
やれないのなら、
他人の傷に
ふれてはならない。

三浦綾子『続氷点』より