どんな小さな会話だって、やはりその人間の人格に咲いた花のようなものだ。

どんな小さな会話だって、やはりその人間の人格に咲いた花のようなものだ。

三浦綾子『愛すること信ずること』より