どんなに忙しくても、 一日に十分の時間を 誰かのために

どんなに忙しくても、
一日に十分(じっぷん)の時間を
誰かのために割(さ)くことは
できないかと思ったのだ。

三浦綾子『小さな一歩から』より