この世は虚しさに満ちている。

この世は虚しさに満ちている。だから、この世に対して虚無を感ずるのはむしろ当然である。

三浦綾子『光あるうちに』より