病めるときも(短編)

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 解説
    • 病めるときも(短編)

    『病めるときも』ミニ解説  森下辰衛

    病めるときも(やめるときも)クリスチャン家庭に育った藤村明子は「健やかなる時も、病めるときも」愛するという結婚式の誓…

    • 解説
    • どす黝き流れの中より(短編)病めるときも(短編)

    『どす黝き流れの中より』ミニ解説  森下辰衛

    どす黝き流れの中より(どすぐろきながれのなかより)幼時樺太で家族と生き別れになった美津子は、彼女をさらった養父母に大…

    • 解説
    • 奈落の声(短編)病めるときも(短編)

    『奈落の声』ミニ解説  森下辰衛

    奈落の声(ならくのこえ)旅の一座の子清志は炭鉱町の小学校で一日だけの担任真樹子先生との触れ合いを経験するが、思いがけ…

    • 解説
    • 羽音(短編)病めるときも(短編)

    『羽音』ミニ解説  森下辰衛

    羽音(はおと)わがままな妻に悩まされる堀川慎二は思いやり深い石井律子に出会い惹かれるが、律子は慎二の前から姿を消す。…

    • 解説
    • 足(短編)病めるときも(短編)

    『足』ミニ解説  森下辰衛

    足(あし)結核療養所の美津江は同室の少女霧子が妻子ある男に会いに行くのを心配し諫めるが、霧子は自分の足を制することが…

    • 解説
    • 井戸(短編)病めるときも(短編)

    『井戸』ミニ解説  森下辰衛

    井戸(いど)末期癌の君枝は激痛の中「痛いっていいことなのよ」と語るが、加代は愛する教え子を死なせた痛みに向き合えず何…

    • 解説
    • 井戸(短編)病めるときも(短編)

    『井戸』 ― 痛むことのありがたさ  森下辰衛

    『井戸』 ― 痛むことのありがたさ解題「井戸」は、1965年「オール讀物」(文藝春秋社)10月号に発表され、1969年…