この重きバトンを(短編)