氷点

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 出来事
    • 氷点道ありき(自伝小説)泥流地帯果て遠き丘続泥流地帯丘の上の邂逅(エッセイ)

    2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも…

    2019年6月18日(令和元年6月18日):6月18日、三浦綾子記念文学館のオーディオライブラリーがiTunesの審査が完了し、無事に登…

    • 出来事
    • 氷点

    2014(平成26)年4月1日(火)~6月29日(日):三浦綾子記念文学館「…

    2014年4月1日(平成26年4月1日):4月1日(火)~6月29日(日)、三浦綾子記念文学館にて「『氷点』3連続企画展 追体験で味わ…

    • 出来事
    • 氷点銃口

    2010(平成22)年 4月1日~6月10日:三浦綾子記念文学館にて企画展「…

    2010年4月1日(平成22年4月1日) 4月1日~6月10日、三浦綾子記念文学館にて企画展「「氷点」から「銃口」まで 三浦文学「ゆ…

    • 出来事
    • 氷点

    2008(平成20)年 4月1日:「ほんとうにこわい嫁・姑4月号増刊 15の…

    2008年4月1日(平成20年4月1日) 「ほんとうにこわい嫁・姑4月号増刊 15の感動クライマックス」vol.8(宙出版)に「氷点―第…

    • 解説
    • 氷点続氷点

    『続氷点』ミニ解説  森下辰衛

    続氷点(ぞくひょうてん)自殺未遂から醒めた陽子は姦淫の子という事実を突きつけられる。裁き続けていた母の犠牲の愛によっ…

    • 解説
    • 氷点ひつじが丘積木の箱塩狩峠道ありき(自伝小説)細川ガラシャ夫人(歴史小説)天北原野泥流地帯千利休とその妻たち(歴史小説)海嶺(歴史小説)夕あり朝あり(伝記小説)母(伝記小説)銃口

    三浦綾子の生涯  難波真実

    三浦綾子は1922年4月25日に旭川で誕生しました。地元の新聞社に勤める父・堀田鉄治と母・キサの5番めの子どもでした。大家…

    • 解説
    • 氷点ひつじが丘塩狩峠道ありき(自伝小説)続氷点天北原野

    地域が生み育てた作家・三浦綾子  難波真実

    皆さま、こんにちは。三浦綾子記念文学館の難波真実と申します。こうしてお話をさせていただけますことを、大変ありがたく思…

    • 関連情報
    • 氷点

    私はどう生きていきたいか ~夏枝の氷点を考える~  課題図書『氷点』  亘理…

    人間同士が、本当の本当に信頼しあうことはできるのだろうか。『氷点』を読み、私はそう感じてしまった。私は家族を信じてい…

    • 関連情報
    • 氷点

    『氷点』と自殺 課題図書『氷点』  金光詩浦

    「死は解決だろうか―」これは、この本の主要人物である辻口啓造の感じたことであった。その後には、「死は解決ではなく、問題…

    • 関連情報
    • 氷点心のある家(エッセイ)

    困難な時こそ笑って生きたい  野尻千穂子

    綾子さんの本との出会いは、『氷点』からです。主人公・陽子の、“困難な時こそ笑って生きて行きたい”という生き方に感動した…