泥流地帯

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 出来事
    • 氷点道ありき(自伝小説)泥流地帯果て遠き丘続泥流地帯丘の上の邂逅(エッセイ)

    2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも…

    2019年6月18日(令和元年6月18日):6月18日、三浦綾子記念文学館のオーディオライブラリーがiTunesの審査が完了し、無事に登…

    • 出来事
    • 泥流地帯続泥流地帯遺された言葉(献辞集)

    1984(昭和59)年6月18日 :『三浦綾子作品集 第十一巻・泥流地帯、続…

    1984年6月18日(昭和59年 6月18日) 62歳6月18日、『三浦綾子作品集 第11巻・泥流地帯、続泥流地帯』に光世への献辞を書く。…

    • 解説
    • 泥流地帯続泥流地帯

    『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

    続泥流地帯(ぞくでいりゅうちたい)泥流で埋まった田畑を復興して行く拓一と、もう一つの泥流である貧しさから苦界に囚われ…

    • 解説
    • 泥流地帯続泥流地帯

    『泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

    泥流地帯(でいりゅうちたい)「まじめに生きる者がなぜ苦難に遭うのか。」大正末年、北海道上富良野で起きた十勝岳爆発によ…

    • 解説
    • 氷点ひつじが丘積木の箱塩狩峠道ありき(自伝小説)細川ガラシャ夫人(歴史小説)天北原野泥流地帯千利休とその妻たち(歴史小説)海嶺(歴史小説)夕あり朝あり(伝記小説)母(伝記小説)銃口

    三浦綾子の生涯  難波真実

    三浦綾子は1922年4月25日に旭川で誕生しました。地元の新聞社に勤める父・堀田鉄治と母・キサの5番めの子どもでした。大家…

    • 解説
    • 泥流地帯続泥流地帯

    『泥流地帯』『続泥流地帯』とは  難波真実

    大正15(1926)年の十勝岳大爆発を題材にした長編小説舞台は北海道上富良野町。活火山十勝岳の麓に広がる農村地帯で開拓農家…

    • 関連情報
    • 泥流地帯

    それでも生きる勇気 課題図書『泥流地帯』  川口琴理

    青天の霹靂、当たり前にあったはずの日常を突如無残に奪われた時、人は何を思って今日を生きることができるのだろう。何の前…

    • 関連情報
    • 泥流地帯

    可能性を拡げる読書体験  田中綾

    2019年は三浦綾子の没後20年、綾子と三浦光世の結婚式から60年という年にあたります。お支えくださる皆さまとともに、当文学…