『泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

泥流地帯(でいりゅうちたい)
「まじめに生きる者がなぜ苦難に遭うのか。」大正末年、北海道上富良野で起きた十勝岳爆発による泥流被害に取材し、ヨブ記を下敷きに、開拓農家の拓一・耕作兄弟の物語を通して苦難の中を豊かに生きる道を語る。

連載 … 北海道新聞日曜版1976年1月〜9月
出版 … 新潮社1977年3月
現行 … 新潮文庫・小学館電子全集

『泥流地帯』『続泥流地帯』文庫本

『泥流地帯』小学館電子全集

『続泥流地帯』小学館電子全集

関連記事

  1. 『まっかなまっかな木』ミニ解説  難波真実

  2. 『この土の器をも 道ありき 結婚編』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『道ありき 青春編』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 2001(平成13)年 4月1日:『三浦綾子小説選集5 続 泥流地帯・草のうた』(主婦の友社)刊行。

  6. 『井戸』 ― 痛むことのありがたさ  森下辰衛