『石の森』ミニ解説  森下辰衛

石の森(いしのもり)
事故がなければ妻となった筈の婚約者を見舞い続ける父の秘密を探る早苗。真実に生きる人間が負わざるを得ない悲しみに、姉奈津子は男女を越えた真の愛の必要を語る。トドワラ、尾岱沼を舞台に描く愛のサスペンス。

連載 … セブンティーン1975年2月〜1976年2月
出版 … 集英社1976年4月
現行 … 小学館電子全集

『石の森』小学館電子全集

関連記事

  1. 『塩狩峠』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『したきりすずめのクリスマス』ミニ解説  難波真実

  3. 『細川ガラシャ夫人』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『夕あり朝あり』が映し出す 日本の近代〈戦争・災害・人権 ……〉  難波真実

  5. 『愛に遠くあれど 対談:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  6. 『泥流地帯』『続泥流地帯』とは  難波真実