『天北原野』ミニ解説  森下辰衛

天北原野(てんぽくげんや)
大正から敗戦までの道北、樺太を舞台に、過酷な運命に引き裂かれてゆく恋人たちを描く。奪い合う主我的な愛がやがて、耐えること、待つことの中で昇華されてゆく時、貴乃は太古の昔から変わらない神の真実を悟る。

連載 … 週刊朝日1974年11月〜1976年4月
出版 … 朝日新聞社1976年3月(上)1976年5月(下)
現行 … (上下2巻)新潮文庫・小学館電子全集

『天北原野』文庫本

『天北原野』(上)小学館電子全集
『天北原野』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. 『母』ミニ解説  森下辰衛

  2. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  3. 『共に歩めば 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  4. 『この重きバトンを』ミニ解説  森下辰衛

  5. 三浦綾子・晩年の小説『母』を読む ─ にびいろの海に映る夕陽 ─  難波真実

  6. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛