『石ころのうた』ミニ解説  森下辰衛

石ころのうた(いしころのうた)
クリスチャン家庭に育った藤村明子は「健やかなる時も、病めるときも」愛するという結婚式の誓いに従い、精神病の夫克彦、夫が女中に産ませた障害児雪夫と共に生きてゆこうとする。結婚の本質である約束の尊さを問う。

初出 … 別冊デラックス女性自身1968年7月
出版 … 『病めるときも』朝日新聞社1969年10月
現行 … 『病めるときも』角川文庫・小学館電子全集

『石ころのうた』文庫本

『石ころのうた』小学館電子全集

関連記事

  1. 『信じ合う 支え合う 三浦綾子・光世エッセイ集』ミニ解説  難波真実

  2. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛

  3. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実

  4. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『尾燈』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『この重きバトンを』ミニ解説  森下辰衛