『逃亡』ミニ解説  森下辰衛

逃亡(とうぼう)
冒険心から樺太のタコ部屋に入った大場辰三は、棒頭がカフェーの女給と交わす手紙の代書をしてやって油断させ、過酷労働で死にそうな男を連れて逃げる。義兄三浦健悦の体験を基に“人間であること”への脱出口を書く。

初出 … 小説宝石1972年4月 原題「さいはて逃亡」
出版 … 『死の彼方までも』光文社1973年12月
現行 … 『死の彼方までも』小学館文庫・小学館電子全集

『死の彼方までも』小学館文庫

『死の彼方までも』小学館電子全集

関連記事

  1. 『イエス・キリストの生涯』ミニ解説  難波真実

  2. 『愛に遠くあれど 対談:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  3. 『風はいずこより』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『あのポプラの上が空』ミニ解説  森下辰衛

  5. 永野信夫の成長物語 3つの道(2)大人への道 愛と性に惑いながら

  6. 『人間の原点 苦難を希望に変える言葉』ミニ解説  森下辰衛