『足跡の消えた女』ミニ解説  森下辰衛

足跡の消えた女(あしあとのきえたおんな)
嘘を重ねその嘘のゆえに行き場がなくなり失踪する女と、彼女が入院していると告げた多分存在しない病院を探し続ける夫婦。確かな足跡を残せない生と人間が「ぼろくそ」なものだからこそ信じようとする心の対照を描く。

初出 … 小説宝石1973年5月
出版 … 『死の彼方までも』光文社1973年12月
現行 … 『死の彼方までも』小学館文庫・小学館電子全集

『死の彼方までも』小学館文庫

『死の彼方までも』小学館電子全集

関連記事

  1. 『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛

  2. 永野信夫の成長物語 3つの道(2)大人への道 愛と性に惑いながら

  3. 『細川ガラシャ夫人』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『一日の苦労は、その日だけで十分です』ミニ解説  難波真実

  5. 『天北原野』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『さまざまな愛のかたち』ミニ解説  森下辰衛