『残像』ミニ解説  森下辰衛

残像(ざんぞう)
真木家の長男で自分勝手で冷酷な栄介が死なせた西井紀美子には、大学教授の父と妹を愛するゆえに真木家を赦さない兄治がいた。兄の罪を背負おうとする妹弘子を中心に展開する愛憎の劇を通し家族とは何かを問う。

連載 … 週刊女性セブン1972年1月〜12月
出版 … 集英社1973年3月
現行 … 集英社文庫(電子書籍)・小学館電子全集

『残像』電子書籍版

『残像』小学館電子全集

関連記事

  1. 三浦綾子・三浦光世の短歌  ―― 精読「アララギ」土屋文明選  田中綾

  2. 『国を愛する心』ミニ解説  難波真実

  3. 『母』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『片隅のいのち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『石ころのうた』ミニ解説  森下辰衛