『帰りこぬ風』ミニ解説  森下辰衛

帰りこぬ風(かえりこぬかぜ)
看護士西原千香子は若い医師杉井田に惹かれるが杉井田は患者の母親と失踪。兄のような愛で諭し見守る広川の真実に気づく。偽りの愛に翻弄されながら、絶望を通して真実の愛を求める若い女性の心を日記形式で描く。

連載 … アイ1971年7月〜1972年6月
出版 … 主婦の友社1972年8月
現行 … 小学館電子全集

『帰りこぬ風』小学館電子全集

関連記事

  1. 永野信夫の成長物語 3つの道(2)大人への道 愛と性に惑いながら

  2. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  3. 『わが青春に出会った本』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『尾燈』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『それでも明日は来る』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛