『自我の構図』ミニ解説  森下辰衛

自我の構図(じがのこうず)
日本画家の藤島は、妻の美枝子を描いた同僚の教師南の絵が協会賞を得たことへの屈辱感と嫉妬から、南に嫌疑をかける形で天人峡で自殺する。互いに惹かれてゆく美枝子と南。家庭を崩壊に導く男女の愛の自我を抉る。

1970年に発表された『愛の誤算』『愛の傷痕』を下地にした書き下ろし
出版 … 光文社1972年7月
現行 … 小学館文庫・小学館電子全集

『自我の構図』小学館文庫

『自我の構図』小学館電子全集

関連記事

  1. 『まっかなまっかな木』ミニ解説  難波真実

  2. 『細川ガラシャ夫人』ミニ解説  森下辰衛

  3. あいつを殺したのは誰だ! 天人峡で起きたスリル満点の愛憎劇『自我の構図』  難波真実

  4. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実

  5. 三浦綾子・晩年の小説『母』を読む ─ にびいろの海に映る夕陽 ─  難波真実

  6. 『愛と信仰に生きる』ミニ解説  森下辰衛