『この土の器をも 道ありき 結婚編』ミニ解説  森下辰衛

この土の器をも(このつちのうつわをも)
手を伸ばせば天井に届くような家で二人の生活は始まった。家庭生活の中の様々な課題を通して共に謙遜を学びながら、神の器とされていった三浦夫妻。結婚式の翌日から「氷点」が当選発表の日までの結婚生活の記。

連載 … 主婦の友1969年9月〜1970年12月
出版 … 主婦の友社1970年12月
現行 … 新潮文庫・小学館電子全集

『この土の器をも』文庫本

『この土の器をも』小学館電子全集

関連記事

  1. 『果て遠き丘』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『生かされてある日々』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『壁の声』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『千利休とその妻たち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『喪失』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『言葉の花束』ミニ解説  森下辰衛