『裁きの家』ミニ解説  森下辰衛

裁きの家(さばきのいえ)
母の車のブレーキを壊しその車にはねられて死ぬことが、息子が計画した母の罪への「裁き」であった。「愛を学ぶ学校」である筈の家庭が夫婦間の愛を失い虚栄と自我の闘争と赦しなき裁き合いの場となる悲劇を描く。

連載 … 週刊ホーム1969年10月〜、途中休刊のため後半は書き下ろし
出版 … 集英社1970年5月
現行 … 集英社文庫(電子書籍)・小学館電子全集

『裁きの家』電子書籍版

『裁きの家』小学館電子全集

関連記事

  1. 『広き迷路』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『愛の鬼才 西村久蔵の歩んだ道』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『青い棘』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『死の彼方までも』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『わが青春に出会った本』ミニ解説  森下辰衛

  6. 永野信夫の成長物語 3つの道(1)人間への道 「人として」生きること