『奈落の声』ミニ解説  森下辰衛

奈落の声(ならくのこえ)
旅の一座の子清志は炭鉱町の小学校で一日だけの担任真樹子先生との触れ合いを経験するが、思いがけず泥棒扱いされ絶望して失踪した母を呼ぶ。居場所を失った魂の叫びを聴く耳はあるのか。教師時代の体験を基にした作。

初出 … 小説宝石1969年4月
出版 … 『病めるときも』朝日新聞社1969年10月
現行 … 『病めるときも』角川文庫・小学館電子全集

『病めるときも』文庫本

『病めるときも』小学館電子全集

関連記事

  1. 『ナナカマドの街から』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『この土の器をも 道ありき 結婚編』ミニ解説  森下辰衛

  3. 三浦綾子の生涯  難波真実

  4. 『愛と信仰に生きる』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『なくてならぬもの 愛すること生きること』ミニ解説  森下辰衛