『井戸』ミニ解説  森下辰衛

井戸(いど)
末期癌の君枝は激痛の中「痛いっていいことなのよ」と語るが、加代は愛する教え子を死なせた痛みに向き合えず何人もの愛人を持ち悲劇に向かってゆく。人間であることの条件としての“痛み”を描く三浦綾子初の短篇。

初出 … オール読物1965年10月
出版 … 『病めるときも』朝日新聞社1969年10月
現行 … 『病めるときも』角川文庫・小学館電子全集

『病めるときも』文庫本

『病めるときも』小学館電子全集

関連記事

  1. 『愛に遠くあれど 対談:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  2. 『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『広き迷路』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『国を愛する心』ミニ解説  難波真実

  6. 『聖書に見る人間の罪 暗黒に光を求めて』ミニ解説  森下辰衛