『道ありき 青春編』ミニ解説  森下辰衛

道ありき(みちありき)
敗戦により、道も真理も命も失った綾子は、心身の荒廃と魂の彷徨の末に幼馴染のクリスチャン青年前川正の愛によってキリストに出会う。前川の死後、三浦光世と出会い結婚するまでを描く三浦文学の鍵となる自伝。

連載 … 主婦の友1967年1月〜1968年12月
出版 … 主婦の友社1969年1月
現行 … 新潮文庫・小学館電子全集

『道ありき』文庫本

『道ありき』小学館電子全集

オーディオライブラリー 朗読劇「三浦綾子の青春時代」『道ありき』

関連記事

  1. 『銀色のあしあと 対談:星野富弘』ミニ解説  難波真実

  2. 1989(平成元)年 6月18日:34年前の光世との出会いを回想

  3. 『残像』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『生きること思うこと わたしの信仰雑話』ミニ解説  森下辰衛

  5. 地域が生み育てた作家・三浦綾子  難波真実

  6. 『共に歩めば 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実