「馬子にも衣装って、ほんとうね、お父さん」  わざと香也子は無邪気にいう。

「馬子にも衣装って、ほんとうね、お父さん」
わざと香也子は無邪気にいう。
「香也子、馬子にも衣装とはね、本来は、大したことはないが、着物で引き立っている場合に使う言葉だよ」
とりなすようにいう容一に、
「そうよ、わかってるわ」
「わかっちゃいないよ。それは面と向かって人にいう言葉じゃない。自分のことをいうか、あるいは陰でいう言葉さ」
「ああ、じゃ陰でいうわ」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 神社のほうに、何かを囲んで人々が群れていた。その群れの中に和服姿の若い娘たちが二十人ほどいる。

  2. 正門は重々しい鉄柵の門扉に閉ざされ、

  3. と、ビールを飲みながら、ふっと笑って、 「いやですねえ。昔の話をむし返して。

  4. クレンジングクリームをガーゼでぬぐい、化粧水をふくませた脱脂綿でごしごし拭いている時、ドアをノックする音が聞こえた。

  5. それにしても、女の命は見目形であろうか

  6. 章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。