義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。向かいの山を眺めていた香也子がふり返っていった。
「ほんとにお似合いよ、章子さん」
口に嘲笑がうかんでいる。香也子は扶代を母と呼ばず、章子を姉と呼ばない。小母さんと呼び、章子さんと呼ぶ。
「ありがと」
章子がはにかむ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  2. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。

  3. 整は今日、章子からの電話を受けて、金井の相伴にやってきたのだった。整の車がバス通りを下って行った時、香也子が金井の車に乗るのを見かけた。

  4. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  5. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  6. 静かに戸をあける。鈴がリンリンと澄んだ音を立てた。