香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。

香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。
「ねえ、あなた、どうかしら。この章子の着物?」
章子は更紗模様のモダンな柄の着物を着ている。
「おお、なかなか似合うじゃないか。今日はおめかししたな」
容一がニヤッと笑う。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。

  2. 西に行けば、道は下って三百メートルほどむこうの柏林に突きあたる。香也子は東にむかって歩いて行く。道端のチモシーが雨にぬれて光っているのが目をひく。角の家の藤がいま盛りで、小さな紫の滝のようだ。

  3. 「少し白髪が……」と、保子はやさしく容一を眺めた。

  4. ほうっと、また溜息をついた時、先程の騎馬であろうか。再び地ひびきを立てて塀の外を駈け過ぎて行った。

  5. ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。

  6. あのポプラの右手に