香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。

香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。
「ねえ、あなた、どうかしら。この章子の着物?」
章子は更紗模様のモダンな柄の着物を着ている。
「おお、なかなか似合うじゃないか。今日はおめかししたな」
容一がニヤッと笑う。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 西に行けば、道は下って三百メートルほどむこうの柏林に突きあたる。香也子は東にむかって歩いて行く。道端のチモシーが雨にぬれて光っているのが目をひく。角の家の藤がいま盛りで、小さな紫の滝のようだ。

  2. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。

  3. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。

  4. 「いま、お兄さん、好きな人ができたらって、おっしゃったわね。じゃ、その好きな人がお兄さんだったら、どうするの」 「え?」

  5. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  6. 「ね、あなた、高砂台はあのあたりかしら」