「どうした。コーヒーを飲まないのかい」

「どうした。コーヒーを飲まないのかい」
むっつりと黙りこくっている香也子に、たまりかねて容一がいう。
「飲むわ」
いままでむっつりとしていた香也子が、不意にニコッと口もとにえくぼを見せる。何だ、怒っていたのではなかったのかと思ったほどに、香也子は突如として気分が変わる。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 同じ日。橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、

  2. ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。

  3. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  4. 「そんなこといったって……」 「ね、お兄さん。わたし、結婚してもらわなくてもいいの。ただ一度だけ、キスをしてほしいの。ただ、それだけなの」

  5. 菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。 「買ってやろうか」

  6. 容一がそういったとき、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。