「どうした。コーヒーを飲まないのかい」

「どうした。コーヒーを飲まないのかい」
むっつりと黙りこくっている香也子に、たまりかねて容一がいう。
「飲むわ」
いままでむっつりとしていた香也子が、不意にニコッと口もとにえくぼを見せる。何だ、怒っていたのではなかったのかと思ったほどに、香也子は突如として気分が変わる。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子が柄杓を釜にいれた時、青年がいった。

  2. 「お父さん、あのお点前をしている人……」

  3. 橋宮容一は、小料理屋菊天の一室に保子を待っていた。

  4. テレビの中では、若い女性が海べに立って、去って行く男の姿を見つめている。

  5. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  6. それは、数日前、従兄の小山田整から、恵理子のうわさを聞いていたからだ。