「どうした。コーヒーを飲まないのかい」

「どうした。コーヒーを飲まないのかい」
むっつりと黙りこくっている香也子に、たまりかねて容一がいう。
「飲むわ」
いままでむっつりとしていた香也子が、不意にニコッと口もとにえくぼを見せる。何だ、怒っていたのではなかったのかと思ったほどに、香也子は突如として気分が変わる。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. あけ放った窓から、木工団地の工場の機械のうなりが、絶えず低くひびいてくる。 恵理子は、頼まれたスーツの裾をまつっている。

  2. 「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」 「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」

  3. 容一がそういったとき、幼い頃、散歩に手を引いてくれた父の手の感触が、ふっと思い出された。

  4. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  5. 「香也子よ!」 保子は母のツネにささやいた。

  6. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。