正門は重々しい鉄柵の門扉に閉ざされ、

正門は重々しい鉄柵の門扉に閉ざされ、人が近づくと、鎖につながれたシェパードのトニーが噛みつかんばかりに激しく吠え立てる。
「高い塀だねえ。俺はまた、刑務所かと思ったよ」
恵理子の家にも、この家にも始終現れる、例の口のわるい小山田整がいって、香也子に叱られたことがある。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。

  2. 「大変な人ねえ」 扶代が楽しげにいった。

  3. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  4. ほうっと、また溜息をついた時、先程の騎馬であろうか。再び地ひびきを立てて塀の外を駈け過ぎて行った。

  5. 「まあ、きれい!」 思わず恵理子は声をあげた。

  6. 「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板