沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。

沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。萌黄色の山に白いこぶしや桜の花が咲いているのも美しい。ここ高砂台の丘の上は、しゃれたたたずまいの家が散在し、ところどころに落葉松や柏林が残っていて、別荘地のような趣がある。その中で、橋宮容一の家だけは、五百坪近い敷地を高いブロック塀でぐるりと囲い、近代的な豪奢な邸宅の構えを見せている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 同じ日。橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、

  2. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  3. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  4. 二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

  5. 「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

  6. 香也子の、継母を母と呼ばず、そのつれ子の章子を姉と呼ばぬ心情は、単なる継母や義姉への抵抗だけではなかった。