三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。築山が前庭にあり、家のうしろは、香也子の、
「ゴルフ場のような庭にしたいの」
とねがったとおりに、広々とした芝生にした。香也子はここにプールもほしいという。今年は、そのプールも造ってやろうと、容一は考えている。生みの母と別れ、姉の恵理子と別れた香也子が、容一には何かふびんでならないのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。

  2. 恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、

  3. 「混むかねえ、この天気だと」

  4. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  5. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」

  6. 香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。