三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。築山が前庭にあり、家のうしろは、香也子の、
「ゴルフ場のような庭にしたいの」
とねがったとおりに、広々とした芝生にした。香也子はここにプールもほしいという。今年は、そのプールも造ってやろうと、容一は考えている。生みの母と別れ、姉の恵理子と別れた香也子が、容一には何かふびんでならないのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 二」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 人々の視線は、再び茶席に戻っている。

  2. この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」

  3. 駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。

  4. ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。

  5. 二十畳の応接間に、いま、橋宮容一と、その妻扶代、そして娘の章子が、英語塾を経営する金井政夫と談笑している。

  6. 「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。