恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。まだあの青年が川岸にいるかどうかを確かめたかった。部屋の窓に寄ったとき、恵理子は、ハッとした。青年が若い女性と肩を並べて、川の畔を歩いて行くうしろ姿が見えたのだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。

  2. この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」

  3. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  4. 金井政夫は、運動ならスキーでも、野球でも、ホッケーでもやるといった感じの、スポーツ青年に見えた。

  5. 三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

  6. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。