母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。

母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。そのときに着た着物を、そっくり着替えなければ食事の用意をしない。台所はいつも、モデルルームのキッチンのように、ぴかぴかに磨き立てられていた。口の悪い従兄の小山田整がいったことがある。
「ぼくはね、この家の台所で、朝晩食事の用意がされているということを、絶対信じないね。この台所はね、恵理ちゃん、まだ一度も使われたことがない台所だよ」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  2. お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。

  3. 恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、

  4. 曇った空の下に、郭公の声がしきりにする。 もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。

  5. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。

  6. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」