「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」

「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」
「まだよ」
「汚いわねえ」
恵理子は首をすくめながら、洗面所に行った。何をいわれても、今日の恵理子にはあまり気にならない。いましがた自分を見つめていた青年の顔が、恵理子の胸を明るくしているのだ。蛇口をひねって、ていねいに手を洗い、口をすすぎながら、恵理子はまた父のことを思った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. と、その時電話のベルが鳴った。ハッとしたように章子が受話器を取った。 「もしもし、橋宮でございます。あら、政夫さん?」

  2. 二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

  3. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。

  4. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  5. 「その、なんだ。敵がいるんだよ、敵が」 「てきですって?」

  6. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。