「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」

「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」
「まだよ」
「汚いわねえ」
恵理子は首をすくめながら、洗面所に行った。何をいわれても、今日の恵理子にはあまり気にならない。いましがた自分を見つめていた青年の顔が、恵理子の胸を明るくしているのだ。蛇口をひねって、ていねいに手を洗い、口をすすぎながら、恵理子はまた父のことを思った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. この川を隔てた向こうは

  2. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」

  3. 助手台に乗っていた祖母のツネが、うしろの保子と恵理子をふり返っていった。

  4. 「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

  5. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  6. 車は次第に旭山に近づく。