「お母さん、ただいま」 「あら、帰ってきたの」

「お母さん、ただいま」
「あら、帰ってきたの」
保子はすっと手を伸ばして、テレビのスイッチを切った。時々保子はこんなことをする。
「なんにもおもしろいものがないわね、日曜は」
たったいま、自分では熱心に見ていながら、保子はいう。その母の気持ちも、恵理子にはわかるような気がするのだ。たぶんこのドラマの中には、娘には知られたくない何かが隠されていたのだろうと、恵理子は察した。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 助手台に乗っていた祖母のツネが、うしろの保子と恵理子をふり返っていった。

  2. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。

  3. 恵理子の着ふるしを、香也子はよく着せられた。

  4. 恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、高校時代の友人だ。

  5. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  6. 「ね、お父さん。で、もう決まってしまったの」