「お母さん、ただいま」 「あら、帰ってきたの」

「お母さん、ただいま」
「あら、帰ってきたの」
保子はすっと手を伸ばして、テレビのスイッチを切った。時々保子はこんなことをする。
「なんにもおもしろいものがないわね、日曜は」
たったいま、自分では熱心に見ていながら、保子はいう。その母の気持ちも、恵理子にはわかるような気がするのだ。たぶんこのドラマの中には、娘には知られたくない何かが隠されていたのだろうと、恵理子は察した。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。

  2. 二歳年下だが、八重は凞子と時折まちがわれるほどに、背丈も顔かたちもよく似ている。

  3. 「そんなこといったって……」 「ね、お兄さん。わたし、結婚してもらわなくてもいいの。ただ一度だけ、キスをしてほしいの。ただ、それだけなの」

  4. ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。

  5. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  6. 「あの、あと二十分ぐらいしたら、おみえになる筈ですけれど」