玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、庭のつつじもいまが盛りだ。草一本生えていないのは、母の保子の手入れだ。
玄関の格子戸をあける前に、恵理子はいつものように、服のちりを手で払い落とす。今朝着替えたばかりの、薄いグリーンのスーツが、恵理子によく似合う。バッグから紙を出し、恵理子は靴を拭く。そして、敷かれてある靴拭いで、靴の底を十分に拭う。万一これを忘れると、たちまち母に、
「汚いわねえ」
と、言いようもない嫌悪をこめた声音で叱られるのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」

  2. 「おばあちゃんは、お茶の先生でしょ」

  3. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  4. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  5. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  6. あけ放った窓から、木工団地の工場の機械のうなりが、絶えず低くひびいてくる。 恵理子は、頼まれたスーツの裾をまつっている。