玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、庭のつつじもいまが盛りだ。草一本生えていないのは、母の保子の手入れだ。
玄関の格子戸をあける前に、恵理子はいつものように、服のちりを手で払い落とす。今朝着替えたばかりの、薄いグリーンのスーツが、恵理子によく似合う。バッグから紙を出し、恵理子は靴を拭く。そして、敷かれてある靴拭いで、靴の底を十分に拭う。万一これを忘れると、たちまち母に、
「汚いわねえ」
と、言いようもない嫌悪をこめた声音で叱られるのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 一」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。

  2. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。

  3. 絹子が去ってから、整がいった。 「章子ちゃんの恋人だろう、くるのは?

  4. 「卓球ができれば、立派なもんですよ。わたしは自転車にも乗れない」

  5. 恵理子は誰かの視線を感じた。

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。